事業内容 Works 事業内容 Works

債権回収

当事務所の特徴

債権回収は、相手方との人間関係、契約関係も絡んでついつい後回しになり、気がついたときは手遅れというケースが少なくありません。
早め早めに相談をして、対処法を検討しておくことがポイントです。 債権回収には、契約段階、交渉、仮差押、担保権実行、強制執行など様々な方法や段階があります。
民事執行法(差押、担保権実行)は現在大学で講義している専門領域のひとつです。

銀行預金差押と弁護士会照会の活用

債権回収で、最も効果的な方法は相手方の銀行預金口座の差押です。
従来、銀行は顧客情報の保護を理由に、口座情報の開示を拒否してきました。
しかし、最近、大手銀行と弁護士会の協定により、一定条件(判決の存在など)で、弁護士会からの照会請求に対し、国内の全支店につき、どの支店にいくら残高があるか、回答を得ることができ、ピンポイントで預金の差押ができるようになりました。これは大変画期的なことです。
最近の成功事例として、債務者が行方不明の事件でクライアントは諦めていたのですが、この制度で銀行照会をした結果、某銀行に数千万円の預金があることが判明し、直ちに預金差押申立をし、500万円の債権を回収しました(受任から約3ヶ月)
この制度を利用するためには判決、和解調書、調停調書などが必要です。

お問い合わせ・予約