料金案内 Menu 料金案内 Menu

当事務所の特徴

当事務所の料金体系は、旧日弁連基準に準じております。日弁連基準は「報酬自由化」を理由に廃止されたもので、内容が不合理というわけではありませんので、現在も多くの法律事務所で採用されており、解釈や運用、相場などの先例が多くありますので、分かりやすい点があります。

リーフレット
「市民のための弁護士報酬ガイド」
[2008年アンケート結果版]

>>詳しくはこちら

中小企業のための弁護士報酬目安
[2009年アンケート結果版]

>>詳しくはこちら

相談料
標準 1~2万円(1時間) 交通事故・相続は初回無料。
手数料
定型的な法律手続の対価。
例)遺言書作成10~20万円
着手金(
訴訟・交渉などの受任段階でいただくもの(実費別)
受任する手続により異なります。
報 酬
訴訟・交渉などの結果得た経済的利益に対する対価。
獲得金額の10~20%が標準。 
顧問料
月額 標準 5万円(3~10万円)

着手金については標準規定では「請求金額の〇%」となっていますが、現実には、例えば1000万円の貸金返還請求でも、相手方の争い方によって、事件の難易、解決に要する期間の見込みは大きく違いますので、予め定額で決めることは困難です。事案に応じて、減額、分割払い・後払いの運用もしております。
面談相談のうえ、ご希望も伺って見積書を提示いたします

※「着手金無料!」は割安か?

最近のネット広告では、「着手金無料」をPRする広告が見られます。大事なことは、「報酬」です。実質的には無料ではなく「後払い」で報酬に加算されていたり、旧弁護士会基準の「着手金+報酬」より割高になることもあります。報酬はどうなっているのか、をよく確認することが必要です。

お問い合わせ・予約